最近のゲーム

 

ゲームが趣味で、これまでの人生、いろんなジャンルのものをプレイしてきました。それぞれに、違った魅力があり、それなりに満足することができています。ただ、今になって思うのは、小学生のころにやっていたゲーム(ハードはファミコン)に比べると、ちょっと物足りないということです。最近のゲームは、いわゆるゲームオーバーになることが少なくて、誰でも簡単にクリアできるように作られています。ソフトによっては、どうしても倒せない相手がいれば、スキップ(飛ばせる)できる機能もあるほどで・・。きっと、製作者側は、プレイヤーにストレスを与えないように、もっと言えば、次回作も買ってもらえるように、との思惑から、そういった仕様にしているんでしょうね。一方、私が小学生のころにプレイしていたソフトはというと・・。真逆。プレイヤーにクリアさせまいと、あの手この手を使って阻止してきます。理不尽なトラップに、理不尽な謎解き、極悪非道な敵キャラ・・。初見では絶対にクリアできないような仕様になっていますし、難所ともなれば、数週間、場合によっては数か月間、そこで足止めを食らいます。地道にレベル上げをして、万全の状態で臨まなければならず、それでもあっさりと全滅してしまうこともあり・・。とまあ、こんな感じで一筋縄ではいかない仕様になっているわけですが、不思議と挫折することはありませんでした。絶対にクリアしてみせると、何度も立ち上がり、何度も挑戦し続けました。そうやって、やっとこさクリアした時の喜びと言ったら・・。満足感、達成感、充実感、いろんな感情を一度に感じることができ、ある意味ゲームで人間的にかなり成長できたように思います。話を元に戻しまして、最近のゲーム。個人的には、あの頃のような、骨のある作品をガンガン作ってもらいたいですね。最近のは、映像ばかりがキレイになって、満足感や達成感を感じることはほとんどありません。今一度原点に立ち返ってもらいたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました